中性脂肪が高いと発症しやすい病気5つ!肝脂肪・動脈硬化・間歇性跛行症・心筋梗塞・脳梗塞

MENU

中性脂肪と病気の関係

 健康診断・人間ドックで中性脂肪やコレステロール値が高い場合、肝脂肪・動脈硬化・間歇性跛行症・心筋梗塞・脳梗塞などの大きな病気になりやすい傾向にあります。中性脂肪の数値が高い場合に発症しやすい病気と改善法を説明していきます。

中性脂肪が高いと発症しやすくなる病気

脂肪肝

 脂肪肝になっているかどうかは血液検査もしくは超音波・CT検査によってわかります。脂肪肝とは肝臓に中性脂肪が溜まってしまっている状態のことです。これになると、生活習慣病(糖尿病など)にかかる可能性が高まってしまいます。

動脈硬化

 中性脂肪には血液中の善玉コレステロールを減少させ、悪玉コレステロールを増加させる働きがあります。ですから、中性脂肪が高いと悪玉コレステロールが増えすぎてしまい、血液がドロドロになってしまいます。そうなると血液の流れが悪くなり、動脈硬化になってしまうのです。
 症状はめまい、頭痛、足の冷え、動悸息切れなどがあります。

間歇性跛行症

 間歇性跛行症とは、5分から10分くらいの短い時間でも歩き続けると足が痛くなってしまい、痺れや脱力を覚えて歩行が困難になる症状です。ただ、ずっとそれが続くわけではなく、少し休めば回復します。しかし、再び歩き出すとまた痛くなる、というのを繰り返します。

 この原因として考えられることは2つ。「神経」か「血液の流れ」です。このうち、中性脂肪が高いと動脈硬化が起こりやすくなるため、中性脂肪が根本的な原因である場合は、「血液の流れの悪さ」が問題となります。

心筋梗塞

 中性脂肪によって動脈硬化となり、それが進んでしまうとついには血管内に血栓ができてしまいます。これが心筋梗塞を起こす原因となるのです。心筋梗塞の自覚症状としては、『胸の痛み』『呼吸が困難になる』、『肩や背中が痛くなる』『嘔吐感』などがあります。

脳梗塞

 動脈硬化が進み、血栓が脳の血管に行って詰まってしまうことで起こります。これにより、神経麻痺の症状が出るのですが、治療には血栓を溶かす薬・脳細胞を守る薬などを使って治療します。


頭痛・めまいが大きな病気になる前に

中性脂肪値が高い男女

健康診断・人間ドックの中性脂肪、コレステロール値の結果

中性脂肪を下げるには、食事法運動法お茶お薬で下げる方法があります。ですが、どれも三日坊主で続かないのではないですか?私もそうです。実際病気にならないと行動しないものです。ですが病気になってからでは遅いので、病気にならない為に出来ることを考えてみましょう。

消費者庁は、魚に含まれる「DHA・EPA」に中性脂肪を下げる効果があるとして最高評価のAランクと公表しています。毎日魚を食べることで循環器系の死亡20%低減健したと厚生労働省の研究班が発表していて、1日1gのDHA・EPAの摂取を推奨しています。

魚をあまり食べないアメリカなどの海外では当たり前のようにサプリメントで摂取しています。次の健康診断までに中性脂肪を下げたいなら、毎日続けられる方法を選ぶようにしましょう。

サプリなら手軽にDHA・EPAを摂取できます

大正DHA・EPAサプリの画像

  • お得なキャンペーン中! 1,000円 送料無料

DHA・EPAの量や安全性などを総合的に比較した結果、大正製薬のDHAサプリが一番おすすめです。サプリ比較はコチラ>DHAの含有量、個装、価格とバランスがよく続けやすいサプリです。

大正DHA・EPA公式ページ


逆に中性脂肪が低すぎても駄目!

 実は、中性脂肪は低ければ低いほど良いというわけではありません。中性脂肪が基準値よりも低いと、それによって病気が発症することもあります。以下にその代表的な病気についてご紹介致します。

甲状腺機能亢進症

 甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンが異常に分泌されてしまって自分の細胞を傷つけ、代謝異常を起こします。異常に代謝が良くなるので、食べても食べても満腹にはなりません。コレステロール・中性脂肪の値もかなり下がります。

 私も甲状腺機能亢進症を持っていますが、少し歩いただけでも息切れする、走ったら脈拍が200近くまで行く、ご飯を1食で4杯くらい食べても体重が減っていき、まさに骨と皮だけ状態になる、喉の部分がボコッと腫れ上がる、手が異様に震え(何もしていなくても)文字が上手く書けないなどの初期症状がありました。

低中性脂肪血症

 低中性脂肪血症になると、偏頭痛やめまいなどが起こるようになります。日常生活が問題なく営めているなら良いのですが、肝臓の病気や甲状腺機能亢進症(バセドウ病)になっていることもあるので要注意。


DHA・EPAと病気関連

  • 中性脂肪が高い時の初期症状

    健康診断で中性脂肪やコレステロール値が高い場合の初期症状に、睡眠時無呼吸症候群・高血圧・高血糖・逆流性食道炎・関節痛・脂質異常症などがあります。

  •  

  • DHA・EPAが中性脂肪値に効くメカニズム

    健康診断で気になる項目といえば、メタボリック・シンドロームにも関係してくる「肥満度」。DHA・EPAが中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があるといわれている理由を説明します。