コレステロールとは

MENU

コレステロールとは?3行で分かる基礎2-1

コレステロール、この言葉をきいただけで顔をしかめる人も少なくないのではないでしょうか?そんな嫌われ者のコレステロールですが、その素性を知っている人は多くありません。

コレステロールを 3行で説明すると…

コレステロール=細胞膜の材料

善玉HDL・悪玉LDLに大別され、

どちらも必要な生体分子である

それでは、コレステロールとは何なのか?詳しく見ていきましょう。

コレステロールとは

テレビや雑誌で「コレステロールを減らす」ということが日常的にいわれる昨今、美容と健康の大敵のように思われているコレステロールですが、コレステロールとは動物の細胞膜を生成するのに必要な要素で、私たちの身体全体に存在する、生きていくために不可欠な生体分子なのです。

 

生きていくために不可欠とはいえ、過剰なコレステロールは健康を損ないます。コレステロール値が健康診断で厳しくチェックされるのは、正しく働いてくれないと身体の機能が衰えていくからなのです。
つまり、コレステロールそのものが悪いのではなく、コレステロールの過剰によって身体がきちんと機能しなくなることがいけないということですね。

 

コレステロールと中性脂肪の違いは?

コレステロールと並んで健康診断で注目されるのが、中性脂肪です。どちらも体内に存在する資質ですが、体内での働きや性質には違いがあります。中性脂肪はよく言われるように、保存用エネルギーのような役割をする脂質で、皮下脂肪や肝臓に蓄えられた貯蔵脂質です。

 

ふだんは蓄えられているだけですが、体内に吸収される食物が不足してくると、脂肪酸と具リセロールに分解されてエネルギー源として利用されます。臨時用の脂質ということですね。そして、その性質ゆえ、過剰に蓄積すると動脈硬化などの障害を引き起こすことになるのです。

 

一方、コレステロールとは、構造脂質と呼ばれる性質をもっていて、細胞膜の生成に使われるだけでなく、ホルモンや胆汁酸の材料として活用される脂質のことです。中性脂肪が貯蔵用なのに対して、アクティブに活動する脂質といえるでしょう。

 

コレステロールと中性脂肪の関係は?

コレステロールは私たちの血液中に存在するときは、高比重リポタンパク(HDL)や低比重リポタンパク(LDL)などに包まれています。このうち、肝臓内で生成されたコレステロールを体内各所に運搬するLDLを悪玉コレステロール、LDLを取り除いて肝臓に運ぶHDLを善玉コレステロールと呼び習わしています。
動脈硬化を促進するのが悪玉コレステロールLDL、それを防止する働きをするのが善玉コレステロールHDLということですね。

 

従って、善玉コレステロールが悪玉コレステロールより多ければ、動脈硬化のリスクが小さいということになります。ところが、血液中の中性脂肪値が高くなると、善玉コレステロールの量が減り、悪玉コレステロールの量が増えると報告されています。

 

つまり、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすには、中性脂肪も減らさなければいけないということなのです。コレステロールとは、健康を守るための大切な指標ですが、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの量を正常化して動脈硬化を予防するには、中性脂肪にも気を配ってくださいね!