DHA・EPAを多く含む食べ物 | 青魚・鮭・さんまなど

MENU

DHA・EPAを食べ物で摂ろう!

DHA・EPAが豊富な食事

 DHA・EPAといえば、サプリメントで摂るのが当たり前になってきました。日本人にとっては比較的食事で摂りやすいとされてきたDHA・EPAですが、その多くが魚に含まれているため、欧米化や外食文化が盛んになった今では食べ物で摂りづらくなった成分といえるでしょう。

 食事を補うものとしてサプリメントを活用するのは良いことですが、できれば毎日の食生活でうまく取り入れていきたいもの。ここでは、そんなDHA・EPAが含まれている食材についてご紹介します。

EPAが多く含まれる食べ物

EPAが豊富な青魚

 EPAは、おもにアジやサンマ、サバなどといった青魚に含まれる成分として知られています。鮫肝油や一部の植物油にも含まれています。DHA・EPAの消化吸収率は60%と高いことが知られていますが、一番良いのは生魚を食べること。なぜなら、DHA・EPAは焼き魚や缶詰など加熱することにとって減少してしまうからです。

 また、魚を選ぶ時にはなるべく旬のものを選ぶことをオススメします。その理由は、DHA・EPAは脂質に含まれているため、油の乗った旬の魚ほど多く含まれているが高いからです。

DHAが多く含まれる食べ物

DHAが豊富なカツオ

 DHAはEPAと同じく青魚に多く含まれるほか、カツオやマグロ、サケといった魚にも多く含まれています。ただし、加熱処理によって減少する性質を持っていて、煮たり焼いたりすると生の場合の80%減少し、揚げた場合では半分も減少してしまうことが知られています。

 DHA・EPAは1日に1g摂取することが良いとされていますが、食事の適量に置き換えると、あじやさばの開きでだいたい1匹分、うなぎの蒲焼きで1食分程度、またトロマグロの寿司で2貫程度を食べると一日のDHA摂取量の目安が補えると言われています。

大正DHA・EPA

大正DHA・EPA【大正製薬】

DHA・EPAを手軽に安心して摂取したいなら、製薬会社のDHA・EPAサプリがおすすめです。通常4,000円が、初回は送料込み1,000円でお試しできます。便利な小分けパックで匂いもないので、魚が苦手な方でも飲みやすい仕様になっています。

サプリの場合は原材料の安全性に気をつけて

dha・epaサプリ

 DHA・EPAは魚中心の和食に多く含まれる栄養素ですが、外食やパン食が進んだ現代人にとっては不足しがちなものとなっています。それを補う方法としてサプリメントが有効ですが、魚に多く含まれるDHA・EPAをサプリに含有した場合、消費者として気になるのがその品質の善し悪しです。

 DHA・EPAをどんな魚から抽出しているのかは私たちには分からないため、サプリの品質を見極めることはとても難しくなります。海産物や農作物の安全性や放射能汚染が気になる昨今だからこそ、製薬会社のサプリや無添加サプリなどの信頼できるサプリを選びましょう。


DHA・EPAサプリのレビュー