中学受験第一志望合格者の7割以上がDHAサプリを飲む時代!

MENU

子供の受験合格のために親が出来ること

受験合格祈願

 中学受験に向けて勉強中のお子さんを持つ母親にとって、記憶・学習機能に良い食事法や健康法は何でも試したい気持ちになると思います。

 

 昔から、「魚を食べると頭が良くなる」と聞いたことがありますが、それは魚にDHAが多く含まれているためです。
そして今、受験生にDHAサプリを飲ませている親が多くなりつつあります。
合格者の7割がDHAサプリを飲んでいたとなると、取り入れる人は今後も増えてくるでしょう。

 

DHAサプリは血流を改善する効果があり、中性脂肪が気になる人が健康維持の為に飲むものというイメージが強いですが、お子さんにも人気に火がついているのです。

大手食品メーカーが行った調査結果

受験勉強をする中学生

 大手食品メーカー株式会社マルハニチロホールディングスが行った調査では、認知度の高い栄養素としてカルシウム・ビタミンC・ブドウ糖・ポリフェノール、そしてDHAがランクインしたという結果が出ています。

 

この調査は高校生以下のお子さんを持ち、週1回以上は自宅で夕食を作っている、30〜49歳の母親1,000名を対象にインターネット上で行われたものです。

 

 なかでも「頭に良い」イメージがある栄養素として8割以上の母親がDHAをあげており、ほとんどの母親がすでにDHAは子供に良い成分だと知っています。
しかも約1割の母親がサプリメントでDHAを摂取させたことがあると回答しています。

 

 中学受験を経験している子供54名に対して行った調査では、約4人に1人がDHAサプリを摂取したことがあると回答。
その子供達の受験結果をみると、第一志望校への合格者のうち約7割半の中学生がDHAサプリを飲んでいたという結果が出ており、DHAが成長期の子供の脳に何らかの好影響を与えていることが伺えます。

DHAが働くメカニズムとは

DHA・EPAが豊富な魚

 DHAは、イワシやサバなどの青魚やカツオ・マグロに多く含まれており、不飽和脂肪酸とよばれる栄養素で、体内ではα-リノレン酸から作られています。

DHAは脳のリン脂質に含まれている成分の中でも主要な脂肪酸として知られており、神経細胞の細胞膜を柔らかくしたり、脳や神経系細胞が正しく機能するよう働きかけたり、壊れた細胞を修復したりする役割を持っています。

 

 このおかげで脳がスムーズに情報伝達を行えるため、子供の勉強にも好影響を与えていると考えられます。
また脳内で記憶や学習に関わる海馬にはDHAが多く集まっていることからも、DHAが記憶・学習機能と深く関係していると考えられています。

 

DHAは青魚に多く含まれていますが、好き嫌いの多い子供に毎日食べさせるのは大変です。
そのためサプリメントで効果的に摂取させている母親の判断は賢いと言えるのかもしれません。

関連記事

  • DHA・EPAの効果一覧

    まるで万能薬のように体のあちこちで働き、私たちの日々の生活を支えてくれているDHA・EPA。

    そんなDHA・EPAの効果についてご紹介したいと思います。