脂肪肝の原因はアルコールや肥満!DHA・EPAで改善

MENU

アルコール好き、ポッチャリさんの脂肪肝はDHA・EPAが効果的

肝臓

 中高年の健康診断で一番気になるのが、メタボ数値ではないでしょうか。さまざまな生活習慣病を引き起こす原因となるメタボリック・シンドロームですが、中でも脂肪肝はもっとも気づきにくい症状として知られています。そんな中、手遅れになる前に有効な栄養素として注目を浴びているのが、オメガ3脂肪酸とよばれるDHA・EPAです。

脂肪肝って何?診断基準は?

 肝臓に脂肪が過度に付いてしまうことで引き起こされる脂肪肝。脂肪肝とは医学的にみて肝細胞の30%以上が脂肪で占めている場合をさします。診断方法は肝臓の組織をとって調べる場合やエコー検査でみる場合などがありますが、人間ドックの受診者のうち20から30%の人が脂肪肝になっているという調査報告もあるほど、日本人にとって脂肪肝は身近な病気となっています。

脂肪肝になりやすい人の特徴は?

過剰なアルコール摂取

 脂肪肝になる最大の原因は、過剰なアルコール摂取。日本酒の生産地として有名で成人のアルコール消費量が多い秋田県では、肝疾患の中に占めるアルコール性肝障害の割合が非常に高いという調査結果があります。
 医学的に見て1日あたり3合以上の日本酒を5年以上飲みつづけている人を「常習飲酒家」といい、5合(1リットル)以上を10年以上つづけて飲んでいる人のことを「大酒飲み」と言いますが、このような人達は脂肪肝になる確率が高いと言えます。たとえば1日5合の日本酒を毎日飲んでいる人が20数年飲酒を続けるとすると肝硬変になる可能性がきわめて高くなります。


肥満

 脂肪肝になるもう一つの原因は肥満です。BMI数値が25〜30kg/m2程度の軽度の肥満の場合は50%の人に脂肪肝が認められ,BMI 数値が30kg/m2以上の高度肥満の場合は75%の人に脂肪肝が認められるという調査結果があります。


糖尿病や高脂血症

 それ以外にも糖尿病や高脂血症が脂肪肝の原因として広く知られており、いわゆる「メタボリックシンドローム」に関連する症状としても注目が高まっています。

脂肪肝を改善する方法は?

 一般的に肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、特徴的な症状が出にくい臓器として知られています。アルコール摂取による脂肪肝を改善する方法としては、節酒や禁酒が効果的ですが、野菜や乳製品や豆類などが入ったバランスのとれた食生活も重要です。


焼き魚

規則正しい食事や運動、十分な睡眠が何よりの予防法となりますが、プラスαの方法としてDHA・EPAの効果的な摂取が注目されています。おもにサプリメントで摂れるこれらの成分は、体内の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあると言われているからです。

 DHA・EPAは脂肪肝だけでなく脳梗塞や心筋梗塞、高血圧などのような生活習慣病全般に効果が期待出来るとして、注目されているのです。おもに青魚に多く含まれるDHA・EPAですが、食生活が乱れがちなビジネスマンにとって最も不足しがちな栄養素といっても過言ではありません。近年ではサラサラ成分としてサプリメント摂取が一般的になっていますが、毎日継続的に摂取していくことがとても大切です。

DHA・EPAと病気関連

  • 中性脂肪が高いと発症しやすい病気5つ

    健康診断・人間ドックで中性脂肪やコレステロール値が高い場合、肝脂肪・動脈硬化・間歇性跛行症・心筋梗塞・脳梗塞などの病気になる可能性が高いんです。低い場合の病気も説明しています。

  •  

  • DHA・EPAが中性脂肪値に効くメカニズム

    健康診断で気になる項目といえば、メタボリック・シンドロームにも関係してくる「肥満度」。DHA・EPAが中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があるといわれている理由を説明します。