中性脂肪を下げるには?

MENU

中性脂肪を下げる方法 3行で分かる基礎1-4

中性脂肪を下げるにはどうすべきか伝えている専門

中性脂肪を下げるには、生活習慣の改善、中でも食生活の改善が必須です。具体的には、中性脂肪を下げる効果のある栄養成分「DHA・EPA」を毎日摂取する方法が効果的です。

下げる方法を 3行で説明すると…

DHA・EPAを摂取する

厚生労働省は1日1000mg推奨

専門家はDHA・EPAサプリ推奨

それでは、中性脂肪を下げる方法を詳しく見ていきましょう。

中性脂肪を下げるには

人間ドッグの健康診断結果の中性脂肪値に赤ペンで丸が付けられている写真

食生活の乱れ、運動不足、飲酒・喫煙に心当たりのある人が中性脂肪を下げるには、自発的な生活習慣の改善が必要です。そう言われて、食生活を改善し、適度に運動し、禁酒・禁煙をする人がどれだけいるでしょうか。
私の経験上、健康診断の「要経過観察」程度では9割以上の人が今まで通りの生活を継続しているように見受けられます。実際に病気になってはじめて生活習慣を改善する、というより入院や通院などで強制的に改善させられる、といった状況かと思います。

 

「習慣」となった生活を変えるのは本当に難しいことです。仕事や家族など現在置かれている環境に左右される「食生活」は、改善すべき最優先項目でありながら改善が一番難しい項目でもあります。
では、中性脂肪を下げるにはどうすべきなのか?この問いに、私たち専門家はサプリを使った改善方法をおすすめしています。

 

サプリがおすすめな理由

理由@中性脂肪を下げる成分が特定されている

消費者庁 食品機能性評価モデルのDHA・EPAについて書かれたデータ

中性脂肪の数値を下げる成分としてポリフェノールやサポニンが知られていますが、中性脂肪を下げる効果がある成分として消費者庁から唯一最高評価を付与されている成分は、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)です。

消費者庁食品機能性評価モデル参照 詳細

 

DHA・EPAは、イワシ、マグロ、アジ、サンマなどの青魚に多く含まれています。厚生労働省の研究チームは、サンマ1匹を毎日継続して摂取することで、中性脂肪値が改善し、動脈硬化症や脳卒中などの疾病を低減するとの研究結果を発表。

 

DHA・EPAは、デンマークの研究者が研究を始めたのを皮切りに1960年から現在まで世界各国で研究が重ねられており、医療業界もDHA・EPAサプリを利用する信頼性の高い成分です。日本でも製薬会社など大手メーカーからDHA・EPAサプリが開発・販売されています。


 

理由A摂取量を管理しやすい

DHA・EPA750mgの佐藤製薬のDHAサプリ

厚生労働省が推奨するDHA・EPAの摂取量は、1日1,000mgです。これはマグロ赤身のお刺身5人前、トロなら1人前です。毎日この食費を捻出できる家庭はごく僅かでしょう。家庭で取り入れやすい焼き魚や煮魚は、加熱や酸化でDHA・EPAの効果が低減してしまうため効率が良くありません。

 

仮に食生活の改善に精を出したとして、中性脂肪を下げるために必要なDHA・EPAをどれくらい摂取できるでしょうか?仮に1,000mg摂取できたとして、それを何年も継続できるでしょうか?

 

当サイトで評価しているDHA・EPAサプリの例を出すと、1日780mgのDHA・EPAを摂取でき、1ヵ月1,666円です。中性脂肪を下げるには、毎日1,000mgのDHA・EPAを摂取すること。食生活の改善だけでは限界がありますから、サプリのサポートが必要なのです。


 

理由B最低限のカロリーで済む

肥満気味の男性

中性脂肪を下げるには、根本的な肥満の解消も大切です。肥満は中性脂肪の異常な数値の根本にあるものですので、一時的に体重を減らすのではなく、太らない、無駄な脂肪を蓄積しない生活習慣を身につけることが大切です。

 

先述した通りEPAやDHAは青魚から摂取することもできますが、中性脂肪の数値が異常に傾いているときは肥満傾向にあることが多いことから、カロリーを抑えることも大切になります。旬の青魚はカロリーも比較的高く、調理法によってはDHA・EPAが減少し、油分糖分過多ということも考えられます。
サプリであれば余分なカロリーを摂取することなく、DHA・EPAを最適な状態でカプセルにしてあるので効果的です。


 

EPAとDHAの具体的な効果とは

EPA(エイコサペンタエン酸)は肝臓内での酵素の働きを抑え、中性脂肪の合成を制御します。また、LPL(リポ蛋白リパーゼ)を活性化し、筋肉が中性脂肪を取り込む働きを助けます。
DHA(ドコサヘキサエン酸)は認知症や子供の脳の発達に効果を発揮することで知られていますが、肝臓内で中性脂肪が生成されるのを抑え、肝臓内で生成された中性脂肪の血中への分泌を抑制する働きをします。

 

効くと分かっている成分があるのですから利用しない手はありません。中性脂肪を下げるには、サプリを使って継続的にDHA・EPAを毎日摂取することをおすすめします。