米研究チーム「オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)が認知症に効果的」

MENU

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)が認知症・アルツハイマーに効果

アルツハイマーに悩む女性

 認知症の予防や症状の改善のためには、適度な運動やバランスのとれた食事を摂るなど、日頃の生活習慣を見直すことが大事ですが、オメガ3脂肪酸と呼ばれるDHA・EPAは認知機能の改善に働きかけるとして、いま注目を集めています。

 

 血流改善として知られているDHA・EPAですが、とくにDHAが脳や神経細胞に多く含まれているということ、またEPAは赤血球の細胞膜を柔らかくする働きを持っていることから、脳卒中や心筋梗塞などの予防、抗炎症作用、降圧作用などのような効果あるとが期待されています。
そんな中、アメリカの研究チームが発表した研究結果に世界の注目が集まっています。

米研究チームがアルツハイマー病患者を調査

研究

 米国立保健研究所(NIH)が行った研究では、約1,000名の高齢者を対象にアルツハイマー病にかんする調査を行ったところ、認知機能が正常な人の中でDHA・EPAサプリメントを常用していた人は、常用していない人に比べて認知機能の低下が抑制されていることが分かりました。

 

 さらにMRIの結果では、認知機能に悪影響を与えるとされている脳の萎縮も軽減していることが明らかになりました。
この結果はDHA・EPAサプリメントが単に生活習慣の改善だけでなく、医療業界にも新しい可能性をふきこんだ事例と言えます。

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)が認知症に効果的

DHA・EPAが豊富な魚

この研究結果によって、DHA・EPAは認知症の予防や症状の改善だけでなく、加齢によって起こる記憶力低下の予防や改善に役立つのではないかと考えられています。

 

また、古賀良彦・杏林大学医学部精神神経科学教室教授によれば、高齢になると健康な人でも認知機能が少しづつ低下し、脳の萎縮が進むものの、DHA・EPAのようなオメガ3系脂肪酸にはその進行を抑える働きがあると考えられています。

子供の学習能力にも働くDHA

お母さんと子供

 DHA・EPAはサバやサンマ、マグロ、サケなどの青魚に多く含まれており、高齢者の脳だけでなく、小さな子供にもその効果が期待されています。

脳は胎児期から急速に発達するため、胎児期から乳児期にかけての赤ちゃんの脳にDHAは大切な栄養素です。

 

 ある研究ではDHAを強化した粉ミルクで育った赤ちゃんが、普通の粉ミルクで育った赤ちゃんに比べ生後4ヶ月時点での発達指数が高かったという結果が出ています。

 

日頃の食生活であまり魚を食べなくなった日本人にとって、摂取量不足が懸念されるDHA・EPAですが、サプリメントなどで継続的に摂ることが大事だと言えます。

関連記事