お茶で中性脂肪を下げる方法 | 緑茶・ルイボスティー・ウーロン茶など

MENU

今日からできる!お茶で中性脂肪対策


お茶で中性脂肪を下げる

 中性脂肪を下げるための方法として、お茶を使う方法があります。気軽に始められる中性脂肪対策として人気が出ています。中性脂肪を下げることができるお茶とはどのようなものがあるのか調べました。

緑茶

中性脂肪を下げる緑茶

 緑茶には、ダイエット効果もあると言われている成分・カテキンが豊富に含まれています。カテキンには「脂肪燃焼率アップ」をしてくれる働きや、「免疫力アップ」、そして「コレステロールの減少」効果が見られるとのこと。なので、水分補給をする時は緑茶を摂取するようにすると良いです。

 最近では通常の緑茶以上にカテキンが豊富に含まれている飲料も発売されていますし、高濃度のカテキンが含まれたお茶を選ぶのも良いでしょう。

ルイボスティー

中性脂肪を下げるルイボスティー

 ルイボスティーはノンカフェインであることから、睡眠前や妊娠・授乳中の女性にも良いとされているお茶です。ビタミンC、ミネラルなども豊富で「美容効果」や「便秘の改善」効果が得られます。そんな女性に嬉しい効果ばかりがクローズアップされることも多いため、男性にはあまり馴染みのないお茶かもしれません。

 しかし、ルイボスティーにも中性脂肪を下げてくれる効果が期待できるようです。
ルイボスティーに含まれる
強い抗酸化作用は、血液の流れをスムーズにしてくれます。血液の流れが良くなるということは、体の中に停滞している老廃物を排出できるということ。だから中性脂肪の改善効果があることで知られているのです。

ウーロン茶

中性脂肪を下げるウーロン茶

 ウーロン茶にはワインにもふんだんに入っている成分・ポリフェノールがたくさん入っています。「肉料理の時にはウーロン茶を」という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、それはウーロン茶に含有しているポリフェノールが理由です。

 ポリフェノールは脂を流すという働きをします。そのため、体内に付着してこびりついている中性脂肪などを吸着し体外へ排出してくれるのです。このサイクルにより、中性脂肪を抑制することができます。
スーパーやドラッグストアなど必ず置いてあると言っていいほどメジャーなお茶ですから、すぐに飲み始めることができますよね。1日2杯から3杯を目安に飲んでみましょう。

プーアール茶

中性脂肪を下げるプーアール茶

 没食子酸と重合カテキンのダブル効果によって、体の中に取り込まれた脂質が吸収されるのをブロックし、体外へ出されます。中性脂肪がこびりついてしまう前に対処ができる点が注目ポイントです。中性脂肪の増殖を予防するものとして愛飲すると良いでしょう。

 この他にも、中性脂肪を下げるお茶として「杜仲茶」や「ギャバ茶」などもありますので、自分の好みに合うお茶を摂取して、効率良く中性脂肪を下げましょう。

DHA・EPAについては消費者庁がを下げる効果を認めており、厚生労働省が1日1000mgを目標としていることから、DHA・EPAサプリが注目され、市販でも多くの会社から発売されています。

確実な効果がほしいならお茶よりサプリ

大正DHA・EPA

大正DHA・EPA【大正製薬】

中性脂肪を下げる効果があると消費者庁に認められているDHA・EPA。しっかり効果を感じたいならお茶よりもDHAサプリがおすすめです。「大正DHA・EPA」は製薬会社のサプリ。原材料の産地の管理をはじめ、個装タイプなので外出先でも飲みやすいと人気です。匂いもないので魚が苦手な方でも飲めると評判です。


トップページへ